手キャリアのスマートフォンやSIMが搭載できるタイプのタブレット

実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これのみで使っていくためにサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、大手キャリアが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

普通は、データ回線がふとければユーザーやアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

以上のことから会社を選ぶ際は、安ければ良いということではなく安定したサービスを提供出来るMVNOを選択した方が良いことが分かります。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると各社によって違う場合があります。

たとえば、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

いろんな会社もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、データ回線の太さと通信の設備に影響されるからです。

「回線の帯域の太さ」と「通信の設備」は各社によって違ってくるものです。

SIMとは何かというとドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。

スマホなどに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近注目されるようになっています。

大手キャリアのスマートフォンやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはSIMロックされているものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMを利用することができます。

格安SIMを使うことができた場合、通信費の削減が出来ます。

ソフトバンク等だと月に7000円以上もかかってきますが、MVNOだと月に1000円程度という費用になることも。

一度、検討してみてもいいかもしれませんね。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

docomo回線の事業者であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

しかし、softbankやauのものは残念ながら使えません。

それでも使いたい場合は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、できればSIMロック解除をする、または、下駄を使うことになります。

もっと詳しく>>>>>仕事で家族でシェアできる格安SIMを使うなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です