葉酸は体に不可欠な栄養素

不妊かなと思ったときには、基礎体温計測から始めてみましょう。

基礎体温表をつけていくとその変化で、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。

基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。

変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといったお約束がありますから、その通りにしていくのが大事です。

一日忘れても根気よく続けていきましょう。

妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。

妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。

サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数入ったサプリがお勧めです。

具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。

こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。

ですから「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの摂取をお勧めします。

妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。

通常の食事での摂取とは別に、よりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。

なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。

葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。

その場合には胎児の安全性を考慮した上で、無添加の葉酸サプリメントを見極めることも心掛けたいですね。

適切な葉酸の摂取の結果、胎児の先天的な神経管障害が発症しにくくなることが科学的な研究によって、明らかになっています。

このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生労働省が勧告しています。

実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。

また、こうした食品の中には特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦が利用する場合も多いです。

妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素です。

とはいえ、つわりや体調によっては、食べ物から摂るのも難しい、なんてこともあると思います。

そうした場合、無理な食事は厳禁です。

葉酸の摂取は葉酸サプリメントに切り替えることで適切な量の葉酸を摂取できますし、栄養的にも問題ありません。

胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」が知られるようになってきました。

葉酸は、ビタミンのひとつです。

その効果は適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。

この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、葉酸の摂取を心がけてみてください。

妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。

亜鉛が卵巣に働きかけ、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。

また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性が摂取した場合、精子の量を増やし、質の高い精子の生成を助けてくれるんですね。

健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を試してみてください。

実際に妊娠してから葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。

ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。

葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、妊娠期間中に絞って摂取するというのも良いと思います。

とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。

葉酸は体に有益な様々な働きをしてくれます。

中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で身体を健康的に保つことをおススメします。

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。

赤ちゃんが健やかに育つように、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

厚生労働省の推奨では1日あたり0.4mgとなっています。

さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。

これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとすると大変だと思います。

サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。

野菜の中では代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げる効果が認められています。

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、受胎前から妊娠初期の方には葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。

手軽に摂るならば葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良いと思います。

購入はこちら>>>>>幼児がサプリにDHAを含むもの 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です