安いサービスはちょっと心配という方

キャリアから購入したスマホや外でも接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックが施されています。

ただし、SIMロックが設定されていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードを使うことができます。

通常、帯域がしっかりしていれば利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、しっかりとした設備であれば、通信データを安定して供給できるので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなく安定したサービスを提供出来る事業者を選択する必要があることが分かります。

そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名前の小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯電話に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMを入れて使うと、通信料が安くつけるので、かなり注目されているわけです。

格安SIMが使えれば、携帯電話料金を安くできます。

docomo等だと7000円から9000円ほどかかる費用が、仮想移動体通信事業者だと1000円未満なんていう費用に。

一度、見直しを考えてみても悪くないのではないでしょうか。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

auやソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。

そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、ロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

今、格安SIMを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、仕様としての速度は最大でも150M程度など、どのMVNOも大差はない状態です。

しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

たとえば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「太い回線帯域」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

安いサービスはちょっと心配という方や、これだけで使っていける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、大手キャリアが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、インターネットやメールは問題なくできます。

続きはこちら⇒かけ放題と無制限は格安SIMで実現できるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です