ドコモの回線を使用している業者で

SIMとは、docomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯電話に、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。

仮に格安SIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

ソフトバンク等だと6000円以上かかる料金が、MVNOだと月々数百円という費用になることも。

とりあえず、確認してみても良いかもしれません。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、大手キャリアが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

格安SIMや格安スマホを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

でも、実際に速度を比較してみるとMVNOによって大きく異なるんです。

具体例として利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

いろんな会社もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、データ回線の太さと通信の設備に影響されるからです。

「帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

実際にはスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

ドコモの回線を使用している業者であればdocomoのiPhoneがそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものは残念ながら使えません。

そんな時は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、できればSIMロック解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

キャリアから購入したスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックフリーのものがある。

Softbank、au、ドコモなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックというものが設定されています。

ただし、SIMロックが設定されていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMを利用することができます。

普通は、データ回線がふとければアクセスが増えたとしても、速度が低下しにくく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、通信データを安定して供給できるので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、安ければ良いということではなく基盤がしっかりとした事業者を選択する必要があることが分かります。

続きはこちら>>>>>おすすめの格安SIM業者。通話は大丈夫?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です