iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います

低価格のSIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます。

docomo等だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、格安のSIMを使うと1000円未満という費用になることも。

一回は、プランニングしてみても悪くないのではないでしょうか。

スマホやネットワーク接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMを他社のものが使えないSIMロックが施されています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMカードを使うことができます。

SIMとは何かというとドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と呼ばれているICカードのことを指しています。

スマホ、タブレットに、大手携帯会社のものではなく、格安SIMを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、かなり注目されているわけです。

通常、帯域がしっかりしていればユーザーが一気に増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ処理ができるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、値段だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

したがって、スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どのMVNOも大差はない状態です。

でも、実際に速度を比較してみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

多くのサービス提供元も同一のドコモ回線を使っているのに通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、データ回線の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「データ回線帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

それでも使いたい場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMロックを解除する、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

今あるスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これのみで使っていくために実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

こちらもどうぞ⇒格安SIMと家族の割引は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です